海外で薬剤師になるために必要な英語レベルについて

 

海外で薬剤師をしてみたい、興味があるという方は多くいると思います。

そんな方が気になるのは、『海外で働くために英語力がどの程度必要か』ということに興味があると思います。

そこで今回は、カナダでの例を参考に、ご紹介していきたいと思います。

今回の記事では、

  1. 英語試験の種類と必要なスコア
  2. 私の当時の英語のスコアについて
  3. どのように英語を勉強したか 

 

1. 英語試験の種類と必要なスコアについて

カナダで薬剤師免許を取る過程で使えるのは、下記5つの英語試験のいずれかです。

下記リンクを参照 http://library.bcpharmacists.org/3_Registration_Licensure/5028-RegInfo_ELP.pdf

 

どの試験もSpeaking, Writing, Reading、Listeningの4つのスキルからなっており、多少の違いはありますが同等の難易度だと考えられています。

IETLSでいうと、Listening とReadingが6.0、WritingとSpeakingが5.5、必要です。

バンド6.0は、Competent userと言われています。

 

出典: https://takeielts.britishcouncil.org/find-out-about-results/understand-your-ielts-scores

Competent userは、ある程度のミスや誤解はあるが、基本的には問題ないレベルと言われています。ある程度、複雑な英語を使うことができます。

薬剤師として働く上で誤解があるのは少し心配ですが、ライセンスを取る上ではそこまで高いレベルは求められていないのも事実です。実際に、看護師など他の医療者ではより高い英語レベル(IELTS7.0など)が求められています。

また、よくTOEICと比べてどうか?という事を聞かれますが、下記にTOEFLやIELTSと難易度を比較したサイトがありますので、こちらを参照してください。

 

(出典:http://ieltsnavi.com/score_conversion.html)

比較表を見ていただくとわかるように、TOFELやIELTSの目標スコアを達成するためには、TOEIC800点相当が必要になるようです。

また、TOEICは、最近ではSpeakingやWritingの試験もあるようですが、主にReadingとListeningでの試験がよく知られています。

日本の教育では、InputのskillであるReadingやListeningにフォーカスが当てられているので、このSpeakingとWritingのスコアでつまずく方が多い印象があります。

 

2. 私の当時の英語のスコアについて 

私がカナダに行く直前のTOEICのスコアですが、600点前後でした。

このスコアでカナダのコミュニティカレッジに通ったので、正直、非常に苦労しました。(カナダで薬剤師免許を取得するまでの道はこちらの記事を参照。)

このTOEICを受験した同じ年に、IELTSを受験しました。

スコアは,

Listening: 5.0, Reading:5.5, Writing:5.5, Speaking:5.0  Overall: 5.0

でした。

上の比較表を見るとわかるように、スコアがほぼ同じ範囲にあることがわかると思います。

私自身、英語が全くといって得意な方ではありませんでしたので、ここから徐々に伸ばす必要がありました。

 

 3.どのように英語を勉強したか

私のIELTSの最終的なスコアは、

Listening: 6.5, Reading:7.0, Writing:6.0, Speaking:6.5  Overall: 6.5

でした。

ただ、ここまで来るのに非常に苦労しました。

IELTSのために語学学校に通い、図書館で1日何時間も勉強し、それでもIELTSを3回受けてなんとかこのスコアに到達しました。

しかし、当時は勉強の仕方そのものさえよくわかっておらず、ただがむしゃらに勉強しており、正しくない勉強方法がスコアの伸びない理由だったと思っております。

 

そこで、今、私が考える英語試験の勉強方法は、

英語力そのものの向上

試験の解き方を学ぶ

この2つです。

特に②試験の解き方を学ぶは、短期間で効果が出ます。

正直、私はこれまで1年かけて0.5くらいしか伸びませんでしたが、半年でスコアが1.0くらいは伸びました。

この方法は、だいたいスコアが5.0から5.5くらいで頭打ちになっている方には非常に効果のある方法だと思います。

また近いうちに詳しい勉強方法についてお話していきたいと思っています。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です