薬剤師 x 英語 ! 世界を目指す薬剤師を応援します!

カナダの薬剤師になるための時間と費用 その2 :Pharmacist’s Gateway Canadaを使用する

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Shimpei
カナダの薬剤師。薬学に関する英語も得意ですが、英語試験IELTSや薬学系留学のサポートもしています。【好きなもの】家族、テニス、ブログ、読書、ハイキング 愛知県名古屋市うまれ、名古屋市そだち。現在はカナダのバンクーバーに滞在。
詳しいプロフィールはこちら

前回、カナダで私が薬剤師になるために必要な時間と費用についてシェアしました。

そして今回は、カナダのPharmacist’s Gateway Canadaというホームページにある、ツールを使って時間と費用について算出してみたいと思います。

まず、Pharmacist’s Gateway Canadaのトップ画面に進みます。

 

左下の1. Are you ready? の部分をクリックします。

What you need to know のページに来るので、ここで、Costs and Time to Licensure のボタンをクリックします。

 

 

 

左側にあるCosts and Time to Licensure Calculatorを選択すると、下記のツールのページにきます。

 

このツールは、Bridging Programを受けるかどうか、PEBCのDocument Evaluationなどの有無、テストに何回目で受かるかなどの情報から、「カナダの薬剤師免許取得までにかかる概算の費用と時間」を算出するツールです。

どの州で薬剤師になるかによって、必須とされている試験や受講するコースが違ってきますので、それを考慮してツールに数字を入力していきます。

ここでは、BC州(ブリティッシュコロンビア州)で免許を取ると仮定して先に進めていきましょう。

1) Bridging Program

BC州はこのBridging Programが数年前に必須となりました。したがって、YESを選びます。

(YESを選ぶと5monthsとなりますが、これは他の州も合わせた平均を示しているようで、実際は3か月です。)

2)PEBC Document Evaluation

書類審査のことです。必要ですので、YESを選びます。

3) PEBC Evaluation Exam

生化学や物理化学などを含む基礎試験です。1回目の試験で無事に合格したと仮定し, 1st Attemptを選択します。

4) PEBC Qualifying Exam

いわゆる国家試験です。2回目の試験で何とか合格したと仮定し、2nd Attemptを選択します。

5) Quebec Training and Educational Equivalency

ケベック州のみのトレーニングです。Noを選択します。

6) PRA Specific

法律の試験、インターンシップ、その他、免許の登録に必要なその他の項目です。BCを選びます。

 

最後に、Calculateを選ぶと、結果が算出されます。

24か月と20,277CAD(225万程度)となりました。

 

これが概算ですが、Pharmacist’s Gateway Canadaを使用した「カナダで薬剤師になるために必要な時間と費用」です。

今後の参考として使って頂けたらと思います。

 

Follow me!

この記事を書いている人 - WRITER -
Shimpei
カナダの薬剤師。薬学に関する英語も得意ですが、英語試験IELTSや薬学系留学のサポートもしています。【好きなもの】家族、テニス、ブログ、読書、ハイキング 愛知県名古屋市うまれ、名古屋市そだち。現在はカナダのバンクーバーに滞在。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© カナダ薬剤師 Shimpeiのブログ , 2018 All Rights Reserved.