薬剤師 x 英語 ! 世界を目指す薬剤師を応援します!

カナダ薬剤師セミナー & 英語でドーピングガーディアン in 名古屋

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Shimpei
カナダの薬剤師。薬学に関する英語も得意ですが、英語試験IELTSや薬学系留学のサポートもしています。【好きなもの】家族、テニス、ブログ、読書、ハイキング 愛知県名古屋市うまれ、名古屋市そだち。現在はカナダのバンクーバーに滞在。
詳しいプロフィールはこちら

ドーピングガーディアンで英語の壁を突破し、海外薬剤師を日本で体験する

英語が苦手だからと話すことをあきらめていませんか?

今回のセミナーは、

「ドーピングガーディアンを介して英語の壁を突破し、海外薬剤師を日本で体験する」

ことを目的にしたセミナーです。

つまり、

  1. 英語の壁を越える
  2. 海外の薬剤師を経験する

という2つの目的をテーマにしています。

まず1つ目のテーマ「英語の壁を越える」についてお話します。

 

 

1. ドーピングガーディアンを使って、英語力ゼロの壁を突破する

カナダのブリティッシュコロンビア州にある山です。(山の名前は忘れました。。)

高い「壁」のような山です。

そう、日本で生まれ育った日本人にとって、「英語の壁」はヒジョーに高いのです!!

英語さえできたら、もっと海外旅行したいし、外国に住んでもいいなーと思っている人も私の回りに多くいるように感じます。

 

そして、薬剤師がよくぶちあたる「壁」と言えば、

「外国人の患者さんが来られた時ではないでしょうか?」

 

これには「うーん」と困ってしまう方も多いと思います。

私自身も最初はそうでした。

話すことが怖いし、恥ずかしいし、何より全然英語が出てこない……。

多くの薬剤師が持っている悩みは、

  • 英語そのものが怖い
  • 英語がヒトコトも出てこない
  • 英語が苦手である
  • 英語が患者さんに伝わらなかったらどうしよう
  • 間違えたらどうしようなど、英語に対しての「成功体験」が全くないことがあげられます。

成功体験がないのは、まず何より「ほとんど使ったことがない」のが理由である場合が多いです。

多くの薬剤師にとって必要なのは、「英語を使う場」なのです。

 

そして、ドーピングガーディアンが「英語を使う場」として最高に相性の良いツールだと思います、

 

ドーピングガーディアンは、「英語を使う場」を提供します!!

 

みなさん、「ドーピングガーディアン」って知っていますか?

「ドーピングガーディアン」とは、ドーピングについて学ぶことのできるカードゲームのことです。

楽しみながら学べるので、子供から大人までドーピングについて興味を持つことができます。

そして、何よりドーピングガーディアンのカードには、薬や病気の名前が「英語」と「日本語」の両方で記載されています

↑のように、イラストと日本語と英語がセットになっている。イラストもあるので、感覚的に英単語が理解できる。

詳しいプレイ方法や遊び方は、こちらです。

 

「けいすけ先生」もブログで書かれていますので、ぜひみてくださいね。

【ドーピングガーディアン体験レポート】遊び方の解説と購入先を紹介します!

本当に英語力ゼロでも参加できる? 何を具体的にするのか?

 

今回は、「英語力ゼロ」の方を対象にしているので、誰でも参加できます。

今のところ予定しているのは、

  • 英語で簡単な自己紹介 (フォーマットに当てはめるだけ!)
  • ドーピングガーディアンでカードを出すときに英単語を読む(カードの単語を読むだけ!!)
  • スコアを英語で発表する(数字を英語で言うだけ)ぐらいです。そして、さらに余裕のある方は,,,
  • 会話に使える英語フレーズを使ってみる(そのフレーズを読み上げるだけ)もちろん、自分の英語を話したいという方はそれでも全然OKです!

 

英単語を読むだけでも、Medical conditions(既往歴)やTraining(トレーニング)についての英語力を身につけることができますし、

そもそも今回は、「英語力ゼロから突破する」ことを目的にしているので十分かなと思います。

 

第2部: カナダの薬剤師を体験するセミナーとは?

 

(前回のセミナーの様子)

次にカナダの薬剤師を体験するセミナーです!

ここでは、

  • エマージェンシーリフィル
  • アダプテーション

という、2つのスキルを実際に使ってもらう体験会です。

 

エマージェンシーリフィルって何?

 

「エマージェンシーリフィル」とは、前回の処方を「リピート」する権限です。

つまり、前回の処方をコピーするイメージです。(DO処方ですね)

金曜の夜で医師にもうかかれない、薬をなくしたなど、

緊急時のみに使える権限ですが、

か・な・り、重宝します。

 

例えば、金曜日の夕方、血圧の薬がなくなったので欲しいが、病院が閉まってしまった。

薬はずっと飲んでいて安定しているが、飲まないと血圧は上がってしまう。

こんなシチュエーションの時に、月曜日の分までの薬剤師を一時的に処方(リフィル)してあげることが可能です。

 

いつでもどこでも使える権限ではなく、

薬剤師の判断力が求められるのが、ポイントです。

たとえ、患者から要望があっても、アドヒアランスが不良であったりすれば、

病院にかかることを推奨しています。

 

アダプテーションとは?

アダプテーションとは、処方箋を「編集する」権限です。

つまり、医師が書いた処方内容を薬剤師の判断で、変えてもよいのです。

医師が用量を書き忘れたり、用量が低すぎる場合、薬剤師の判断に基づいて、変更が可能です。

例えば、

金曜日の夜10時、患者が処方箋を持ってきたが、メトホルミンの用量の記載がない。

5年以上、メトホルミン500mg 2T/ 2×1で服用しており、

患者は医師から用量を変更することについて何も言われていない。

こんなシチュエーションのとき、

薬剤師の判断で (薬なしで月曜まで待たせることのリスクを考え)、

前回と同じ用量のメトホルミンの用量に「編集」することが可能です。

 

参加されたいと思った方はコチラからどうぞ!

さて、今回の記事では、

「ドーピングガーディアン」と「海外の薬剤師の権限」についてお話しました。

もし、ご興味がある方は、こちらにメールをいただけたらと思います☆

青山慎平: shimpeiaoyama@shawnsworld.net

 

 

 

Follow me!

今まで私が調べた、

「海外で薬剤師になるための情報」を全力でつぎこみ、

しかも無料で配布することにしました。

   

総文字数10000文字以上、 超ボリュームE-bookです。 海外で働く夢を 現実にグッと近づけてください♫ 無料配布している今のうちに、 ぜひゲットを!  

ダウンロードはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
Shimpei
カナダの薬剤師。薬学に関する英語も得意ですが、英語試験IELTSや薬学系留学のサポートもしています。【好きなもの】家族、テニス、ブログ、読書、ハイキング 愛知県名古屋市うまれ、名古屋市そだち。現在はカナダのバンクーバーに滞在。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© カナダ薬剤師 Shimpeiのブログ , 2019 All Rights Reserved.