海外の薬剤師は優れているのか?【Newsletter back#3】

スポンサーリンク
カナダで学んだことを日本に生かす

今日は、

「海外の薬剤師は日本の薬剤師よりも優れているのか?」

というテーマで書かせて頂きます。

最初に結論をいうと、

「海外の薬剤師の方がみんな良く勉強している」

と言えると思います。

強調したいのは、「みんな」という言葉です。

もちろん、日本の薬剤師の方には、

勤勉な方が非常に多くいるのは、私は知っています。

わたしなんかよりも、薬のことを良く知っているし、

凄い!!という薬剤師に日本で頻繁にお会いします。

しかし残念なことに、

それは、一部の薬剤師なのではないかなと思います。

では、なぜ海外では、

「みんな」が良く勉強しているのか?

この理由に、2つの理由があると私は考えています。

1つは「生涯学習のシステム」です。

オーストラリアやカナダの薬剤師は、

生涯学習することが義務づけられています。

薬剤師の免許は1年ごとの更新制であり、

毎年、1年の間で勉強した内容を、

実際の臨床のプロブレムベースで提出しないと、

免許を更新することができません。

つまり、勉強しない薬剤師は、薬剤師ではないのです。

2つ目に、「免許が更新制」であることです。

カナダで免許を更新するためには、

毎年700-800ドル(日本円で7−8万ほど)がかかります。

かなりの出費ですよね?

もし更新しないのであれば、

薬剤師として働くことができませんし、

仮に5年も10年も更新をしていないと、

3−6か月の大学の実習プラグラムを再度受講しないといけないのです。

しかし、この更新システムのおかげで、

現場から長い間、離れている薬剤師を除くことで、

薬剤師の質を維持することができているのです。

この2つのシステムを聞くと、

かなり厳しい、という意見もあるかと思いますが、

患者目線で考えれば、とても利益があります。

例えば、30年間ブランクのある薬剤師から、

薬の説明を受けたいと思いますか?

思わないですよね。

日本の、

「一度、免許を取ったら、勉強はおしまい!」のシステムは、

実は薬剤師だけでなく、医師や看護師も同じであり、

医療者にとっては、「ラク」という面では良いかもしれません。

しかし、考えてみてください。

あなたが薬剤師であることに誇りを持ち、

一生懸命に勉強し、素晴らしいサービスを提供している。

あなたと出会えた患者はラッキーで、

患者も、薬剤師を尊敬する。

一方で、全く勉強していない薬剤師がいる。

服薬指導もめちゃくちゃだし、患者への対応も満足できるものではない。

患者は、薬剤師って何もできないのね、って思われる。

ここから推測できるのは、

たとえ、あなた一人が頑張っても、

薬剤師の、

国民全体のイメージは、

変わっていかない、

ということです。

薬剤師という専門性を最大限に発揮し、

国民に貢献していくためには、

薬剤師に生涯学習が必要だと、私は思います。

生涯学習の場になるような機会を、

これからも提供していきたいと思いますので、

もしご興味がありましたら、

また参加してくださいね。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました