9か所で派遣薬剤師を経験した薬剤師が実際を語る〜時給・忙しさなど全公開〜

スポンサーリンク
薬剤師キャリア

「派遣薬剤師って実際どうなの?」「派遣に興味あるけど自分に向いているのか?」という疑問をお持ちの方も多いかなと思います。

そこで、派遣薬剤師として9つの職場で働いた僕が、実際の時給や忙しさ、契約期間や派遣薬剤師を成功させる注意点などを全公開します。

結論は、こちらです。

まとめ
  • 派遣薬剤師の給与は正社員やパートよりも高く、時給3000円を超える
  • 派遣薬剤師の時給が高いのは一時的な雇用だから
  • 派遣薬剤師のメリットは、高時給・ホワイトな環境・人間関係が楽・色々な薬局を体験できる
  • 派遣薬剤師のデメリットは、期間の定めあり不安定・深く学べない・疎外感・即戦力が必要
  • Shimpeiの9つの派遣薬剤師経験から、「派遣= 忙しい職場」ではない、残業ほぼゼロ、契約期間は4.3か月、契約終了理由は正社員の入れ替え
  • 派遣を成功させるポイントは、派遣先のルールに従う、コミュニケーション取る、率先して仕事をすること

それでは、早速いってみましょう!

派遣薬剤師はなぜ高いのか?

まず最初に、僕がこれまで働いてきた薬局の時給や忙しさなどを全て公開します。

こちらです。

最初に、「時給」を見てもらうとわかるのですが、すべて時給3000円超えです。
また、一番高い求人では4500円を頂くこともできました。
ぶっちゃけ、派遣薬剤師の時給は高すぎだと思っています。

パート薬剤師の時給は2000円が平均で、2500円になると高時給です。
3000円の派遣求人がいかに高いかがわかると思います。

逆にこれだけ時給が高いと、「派遣薬剤師って実はやばい仕事じゃないのか?」と不安に思う方もいるかもしれません。時給が高い理由は、正社員やパートを採用するまでの一時的な採用だからです。
何かしらの理由で、薬剤師が急に不足し、短期間だけ働いて欲しい!という薬局側のニーズがあります。

正社員は新入社員が入るまで待ちたい、怪我や入院で半年だけ休むスタッフの補充をしたいなど、薬局側のニーズは様々ですが、薬局側にとっても派遣薬剤師を雇うのが最も合理的であるため選んでいるわけです。

まず、派遣薬剤師のメリット・デメリットについて書いていきます。

派遣薬剤師のメリット

まずは派遣薬剤師のメリットについて書いていきます。

時給が最も高い働き方である

すでに述べましたが、派遣薬剤師の時給は高いです。

時給のインパクトを下に載せました。

  • 時給3000円 → 年収600万円
  • 時給3500円 → 年収700万円
  • 時給4000円 → 年収800万円

    ※ 1日8時間、週5日で 50週勤務すると仮定

平均と言われている、パート薬剤師の時給2000円、正社員の薬剤師の年収450-500万円と比較すると、派遣がいかに時給が高いかわかってもらえると思います。

派遣薬剤師は最高にホワイトな働き方である

派遣薬剤師の一番のメリットが、ホワイトな環境で働けることです。
ブラックの反対の意味であるホワイトですが、働く環境がよく、ちゃんとルールや法律を守っているということです。具体的には、給与は1-5分単位で支払われ、休憩はしっかり60分とれ、残業は1.25倍でしっかり払われます。

それって普通じゃないの?

Shimpei
Shimpei

正社員やパートだと、固定残業や残業代がつきにくいブラックな薬局があったよ。
それに比べると、派遣はすごくホワイトだなと感じたんだ。

正社員だと、固定残業(みなし残業)があったり、10-15分間は残業代がつかない、変形労働時間制をとっている、時間外労働が1.25倍されない、など薬局独自のルールがあります。(グレーというかかなりブラックな薬局も見てきました。)

なぜこんな事が起こるのか?

それは、正社員やパートは、労働者と薬局の間の契約だからです。つまり、個人と会社です。僕たちは雇ってもらう側として、法律にも疎く交渉にも弱いので、不利な内容でも契約してしまいます。

一方、派遣がホワイトなのは、派遣会社と薬局の契約だからです。つまり、会社と会社ですね。 特に派遣会社の売上は、派遣薬剤師の勤務時間に依存するので、派遣会社からすれば1分単位で勤務をつけてほしいし、残業したら残業の記録を残して欲しい。薬局側がこれを怠った場合は契約違反になるので。つまり、派遣薬剤師のバックには派遣会社がいて、そのおかげで最高にホワイトな環境で働けるということです。

面倒な人間関係に巻き込まれない

派遣薬剤師は、薬局内のゴタゴタやドロドロな人間関係に巻き込まれにくいです。

「あの薬局長は●●だよ」とか「薬剤師の○○さんは….」という噂話は、どこの職場でも絶えません。正社員やパートであれば、自分も巻き込まれて、嫌な思いをすることがあります。

一方、派遣薬剤師は一歩ひいた立場から傍観できるので、嫌な思いをするリスクが低いです。

もし働きにくい場所であれば、働く期限が決まっているメリットを活かし、みずから「契約を更新しない」という選択をすればいいです。

正社員やパートでは職場をすぐに変えづらいのですが、派遣薬剤師はその点、融通が利くので、自由に職場を変えられます。

Shimpei
Shimpei

僕も契約をあえて更新せずに、他の派遣先の薬局に変えたことがあるよ。

色々な職場を短期間で経験できる

派遣薬剤師は、色々なタイプの職場を短期間で経験できます。
職場には、薬局やドラッグストア、そして病院の派遣求人もあります。

僕は派遣薬剤師として、9つの異なる薬局の働き方を経験しました。
将来、僕が「薬局を経営したい」とか「薬局薬剤師としてキャリアを高めたい」と思ったとき、様々な働き方のストックを持っているのは非常に強みだと思いました。

Shimpei
Shimpei

「他の薬局ではどう運用していた?」と意見を求められることもよくあったよ!

また、派遣薬剤師のキャリアは、派遣会社を変えない限りは「転職」としてカウントされないため、転職回数を増やさずに色々な薬局を経験できる、というのもメリットだと思いますね。

派遣薬剤師のデメリットとは?

とはいえ、派遣薬剤師にはデメリットもあります。
これらはしっかり把握しておきましょう。

働く期間が定められている

派遣薬剤師は働く期間が決まっています。
契約によって異なりますが、6-7か月続けられることもあるし、2-3か月で終わることも普通にあります。

したがって、「ここの職場でもっと働きたい!」と思っても、契約が終われば、そこでの勤務は終了してしまうということです。つまり、同じ場所の同じ人たちと働く機会はありません。

Shimpei
Shimpei

これは、派遣薬剤師が必ず直面することだよ。
新しい出会いと別れを繰り返すイメージかな。

そして、今の派遣の契約が終わるまでに、派遣会社が別の派遣先を提案してくれるので、その新しい職場で働くことになります。派遣薬剤師は働く場所は変わりますが、派遣として継続して働くことは可能です。

ただ注意点として、派遣の仕事は増えたり減ったりするので、1年を通して良い条件で派遣薬剤師をできるかはわからない、という点です。実際、コロナが流行った初期は派遣の仕事がかなり減りました。

契約に期限があるからこそ、常に仕事を探し続けないといけないデメリットはあります。
このデメリットをカバーするために、人材紹介会社に登録して常にアンテナを貼っておくのは重要だと思います。

仕事の浅い部分しか関われない

派遣薬剤師は浅い部分しか関われないことがあります。
その理由は、短期間しかいない派遣薬剤師に色々教えるのは非効率であるのと、派遣会社の職員に内部情報を教えることのリスクがあるからです。

深く関われる順でいえば、正社員>パート>派遣という順になります。
派遣薬剤師の方が浅く広くは学べますが、 正社員の方が学べる深さという観点だとしっかり学べますね。

派遣薬剤師が、薬局の人事や売上などの経営情報について知ることはありません。もし、売上、人事、マネジメントという事を学びたいのなら、正社員になることをオススメします

正規雇用のスタッフと疎外感がある

薬局によっては、部外者のような扱い(疎外感)を受けることがたまにあります。

まぁこれは、派遣薬剤師が派遣会社の社員であり、会社の内部情報が伝えられないので、ある程度は仕方ないんですよね。

とはいえ、僕が働いた薬局では皆さん親しくしてくださる場所が大多数でした。会社全体の飲み会に誘ってくれたり、会社のマスクや備品も自由に使って良いよーと言ってくださる所ばかりでした♪

Shimpei
Shimpei

一緒にランチやデザートタイムをした職場もありましたよ!

この疎外感というか、ある程度の部外者感は仕方ないと割り切った方が良いと思います。

即戦力が求められる

派遣薬剤師は即戦力が必要です。

これはデメリットというか、働くための「条件」のようなものです。
すごーく仕事ができる必要はありませんが、一薬剤師として一通りできる方がいいかなと思います。

調剤から監査、投薬まで、または疑義照会や薬歴記載がスムーズにこなせれば好印象です。
初日からバリバリやる必要はないですが、1〜2週間くらいで、他のパート薬剤師と同じか8割こなせる程度のレベルに達していれば充分だと思います。つまり、周りと遜色ないレベルで働ける、ということですね。

もし他のパートや社員と比べて、「薬歴が大量にたまる」「薬について全く知らず説明が一切できない」という感じだと派遣薬剤師としては厳しいかもしれません。

先方としては、今の現状を改善するための即戦力を求めており、少し教えたら自立して働ける薬剤師を求めています。

Shimpei
Shimpei

新卒で派遣は厳しいかな?まず1-2年は正社員で経験を積んだほうがいいと個人的に思うよ!

僕の実際の経験から考える派遣薬剤師

僕自身が働いてきた実際のデータをもとに、派遣薬剤師の働き方を見ていきたいと思います。

「派遣薬剤師 =忙しい薬局で働く」は、嘘 です

: やることがあまり無い。雑談時間が毎日1時間以上
普通: 仕事の量が適度で、混雑もある。たまに雑談時間あり。
: 常に仕事に追われる。混雑時間が長い。雑談時間はほぼない。

派遣= 超絶忙しい、ではなく、「え?これ僕いなくていいのでは?」という暇な薬局も多数ありました。

実際に僕が働いてきた薬局を見てほしいんですが、9つ働いた薬局のうち、「忙に分類した薬局は2つ、そして「暇」は3つ、「普通」が4つです。

単に処方せん枚数だけでなく、処方せん枚数と薬剤師数のバランス、科目、施設調剤の有無を基準に総合的に判断しています。調剤事務による調剤補助の有無、調剤機器の導入有無など、細かい点も踏まえた上で、僕自身が感じた忙しさで記載しています。

なんで忙しくない薬局に派遣薬剤師がいるんだろう?

Shimpei
Shimpei

色々な理由が考えられるけど、1人薬剤師を防ぐためや、正社員に休みを取らせるためなどがあるよ。あとは産休/育休の取得、コロナ関連での急遽の休み、新しいシステム導入による混乱を防ぐためなどかな。。

最終的には、採用する薬局側の都合によって、少し忙しいくらいで派遣を導入する会社もあれば、メチャ忙しくなってギリギリで導入する会社もあり、内部事情も絡んでくるので、本当の理由はわかりません。

派遣薬剤師の残業はほとんど無い!

残業があった薬局は、9つのうち2つだけでした。
その理由は、派遣薬剤師に残業させると残業代が非常に高くなるからです。


例えば、時給3000円とすると、時間外で時給が1.25倍されるため、時給3750円に跳ね上がります。

ほとんどの薬局で、時間になったらすぐに帰らせて頂くことができました。

一部、残業があるところがあるけど、なんで?

Shimpei
Shimpei

シフトの関係で、薬局側から9時間勤務して欲しいという要望があったからだよ。また、クリニックの営業が延長した時だけ残業して欲しい、という場合もあったね。

同じ薬局での労働は、平均「4.3か月」。正社員との入れ替えでの契約終了が多い。

同じ薬局での労働は、平均「4.3か月」ということになりました。
幅は2〜7か月と異なってきます。
この期間を、派遣薬剤師側がコントロールするのは難しいです。

イメージとしては、初回の契約が2か月であり、その働きぶりが気に入ってくれれば、さらに2か月というコースです。そこから更に2か月という場合もあれば、それまでに正社員が見つかって終了というケースもありました。

契約更新できない場合の理由としては、「正社員との入れ替え」が一番多かったです。

あとは僕自身の都合であったり、あまりに忙しい職場であったりで、「あえて更新しない= 自主退職」という選択をしたこともあります。

どんな人が派遣薬剤師として働くべきか?

ここからは、派遣薬剤師に向いている人 or 向いていない人について書いていきます。

派遣薬剤師に向いている人

僕が派遣薬剤師に向いていると思うのは、こんな人です。

  • 短期で稼ぐと割り切っている人
  • 色々な薬局を浅く広く経験したい人
  • ホワイトな環境で働きたい人
  • 人間関係を気にせずに働きたい人
  • ママ薬剤師などスキマ時間を有効活用したい人
Shimpei
Shimpei

僕が派遣をやるときは、「今は短期でお金を稼ぐ!」と割り切っているよ!

派遣薬剤師に向いていない人

僕が派遣薬剤師に向いていないと思うのは、こんな人です。

  • 経営やマネジメントなど深く学びたい人
  • 同じ職場でずっと働きたい人
  • 安定して給与が欲しい人
  • 薬剤師経験がない人
Shimpei
Shimpei

こういう人たちは正社員かパートで始めるといいよ!

派遣薬剤師になるための注意点!

派遣薬剤師は「期限つきの」仕事であるため、この薬剤師とは一緒に働きづらい!と思われたら、すぐに契約更新をしてもらえなくなります。普通に仕事をしていれば、そんな事は起こらないのですが、僕は実際にその起こった現場を見てきました。
僕が知っている中で、派遣切りされた薬剤師像を紹介します。

  • めちゃくちゃ偉そうにしていて態度がでかい
  • 患者への説明が適当で患者クレームがきていた
  • 休憩時間のタイミングを指定するなど要求が多い
  • 投薬などに自分から行かずに楽をする
  • 無断欠勤や無断遅刻、自己都合による契約破棄
Shimpei
Shimpei

真面目に仕事をする薬剤師なら、全く問題ないと思います!

まず、これらの事をしないということが大事ですが、次にプラスポイントで良い評価をされやすい態度についてシェアします。

派遣先の職場ルールに従うこと

まず何よりも、派遣先の職場のルールや働き方を守ること、です。

派遣薬剤師は他の職場を経験しているため、「そのやり方は間違っている」「もっと効率的な良い方法がある」と思うかもしれません。しかし、たとえそう思っても口には出さず、そこでのやり方に従いましょう。

その理由は、派遣薬剤師はあくまで1人の外部の薬剤師であり、その会社の職員ではないから、です。出過ぎた提案やアドバイスは、派遣先の職場の人の失礼に当たると僕は思っています。先方から意見を求められない限りは、こちらから積極的な提案はしない方がいいでしょう。

とはいえ、時には「薬剤師として倫理に反するルール」や「どうしても守れないルール」に遭遇することがあります。そういうときには、派遣先の薬剤師や派遣会社に相談するなどして、自身が納得できる形で仕事をするのが大事です。

Shimpei
Shimpei

薬剤師として働く以上、自分の仕事に責任もって取り組むべきだと僕は思うよ。

コミュニケーションをしっかり取る

派遣先の職場の方としっかりコミュニケーションを取ることは非常に大事です。

なぜなら、派遣薬剤師の契約が更新されるかどうかは、一緒に働く現場の方からの意見が大きいからです。

「あの派遣薬剤師さんは人柄がいい」「挨拶もきっちりしている」などという好印象を与えられたら、契約更新をしてもらえる可能性がぐっとあがります。

Shimpei
Shimpei

報告・連絡・相談をしっかりしていきましょう!

率先して仕事をする

派遣薬剤師は、正社員やパートより、率先して仕事をする姿勢が大事です。

それは、派遣薬剤師の時給が高いことをみな知っているため、パートや正社員の反感を買ってしまいがちだからです。そうなると、次回の契約更新がきびしくなります。

率先して仕事をして、好印象をもってもらいましょう!

Shimpei
Shimpei

「この派遣薬剤師さんは助かる!」と思われるように頑張ろう。

派遣薬剤師として働くのにおすすめ派遣会社

僕が派遣薬剤師として働くために利用した派遣会社を、下記に載せます。

どんな求人があるかだけでもいいので、まずは登録して仕事探しをするのに利用してもいいと思います。

①: ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、薬剤師業界での掲載求人数が業界No.1の転職サイトです。転職相談満足度が96.5%で薬剤師から圧倒的に支持されている転職サイトです。希望する転職を成功させるため、求人数は非常に大事な要素です。派遣薬剤師の数もすごく多いです。転職サイトに迷ったら、とりあえずファルマスタッフにお願いしてもいいかと思います。

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

②: 薬キャリ

薬キャリは、薬剤師の登録者数No.1のサイトです。
電話での聞き取りを元にしたレスポンスの速い対応が特徴です。すぐに転職したい人や面談などに時間をとられたくない人には薬キャリへの登録がオススメです。

薬キャリ

③: リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、もっとも認知度が高く実績の高いサイトです。満足度も高い安心のサポート体制が強みです。しっかりと利用者の思いを叶えてくれる良い会社だと思います。

リクナビ薬剤師

まとめ

最後にまとめです。

まとめ
  • 派遣薬剤師の給与は正社員やパートよりも高く、時給3000円を超える
  • 派遣薬剤師の時給が高いのは一時的な雇用だから
  • 派遣薬剤師のメリットは、高時給・ホワイトな環境・人間関係が楽・色々な薬局を体験できる
  • 派遣薬剤師のデメリットは、期間の定めあり不安定・深く学べない・疎外感・即戦力が必要
  • Shimpeiの9つの派遣薬剤師経験から、「派遣= 忙しい職場」ではない、残業ほぼゼロ、契約期間は4.3か月、契約終了理由は正社員の入れ替え
  • 派遣を成功させるポイントは、派遣先のルールに従う、コミュニケーション取る、率先して仕事をすること

いかがだったでしょうか。

新卒からずっと同じ職場で働く終身雇用の時代から、薬剤師も転職を重ねる時代になっています。これからは多くの薬剤師が転職を経験し、自分の能力や経験を高く買ってくれる職場になっていくのかなと思っています。

この記事がみなさんのために役立てば幸いです。それでは。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました